SAKAI FORGED KNIVES

堺刃物

製造工程

磨き抜かれた匠の技

堺打刃物はの製造工程は大きく分けて鍛冶、研ぎ、柄付けの3工程があり、それぞれの職人が専門の技術をもって生産する分業制である。
鍛冶の工程では地金(軟鉄)と刃金(鋼)の2種類の異なる鋼材を鍛接する刃金付け、整形した熱い包丁種を徐々に熱を冷ます焼きなまし、780~800度に加熱して水に浸けて一気に冷す焼き入れ、さらに包丁種を再び炉に入れ160~180度に加熱する焼き戻しなど、刃金の硬度を高めて切れ味を鋭くするとともに、刃金に粘りを持たせて欠けにくい刃にする鍛造技術を備える。
このように、その路の専門家が業を極めているため、製品のできあがる過程での作業は非常に高度な域に達しているのです。

鍛接
地金となる軟鉄を加熱して鍛練し、刃金鋼を接着。
荒たたき
鍛接した物を打延ばし厚みを均一にして除冷する
荒仕上
コミ、マチを型抜きし平を削り、刻印する。
焼入れ
刃先となる部分を780~800度に熱し、水もしくは重油に漬けて一気に冷ます。
焼戻し
刃こぼれしない為に160~180度の炉に戻して加熱して、その後水、油で冷ます。
歪み直し
焼入れ歪を直す。
研ぎ
研ぎ棒に固定し回転砥石で刃先厚0.5mm位まで砥ぐ
本研ぎ
さらに横研ぎをして刃をつける。
中研ぎ
全体の艶だし、バフ磨き、本砥磨き、木砥磨き
霞付け
刃金の部分を鮮明にする。
仕上研ぎ
包丁の切れ味を良くする。小刃付けをする。
柄付け
水分をよく拭き取り、錆び止めの油ひきをして最後に柄をつけて完成。