鍛冶職人は、硬い刃金(はがね)と粘りのある地金(じがね)2種類の鉄を鍛接し、それぞれの長所を合わせ持ったを包丁の原型、包丁地を作る。