さらに幾つかの工程を経て、硬さと粘りを併せ持った包丁地が鍛冶職人から刃付職人へ。