包丁の形を作り上げると、次は包丁の肌を整える。
丁寧に仕事を重ねることで、日本刀の刃紋のように刃金と地金の文様を刃境が際立ち、凛とした表情を醸し出す。